HomeInstrumenteFirma FinkeKontaktNewsService


Finke Brendan Doppel Waldhorn Gold Messing

1897年にすでにクルスペ社によって最初のセミダブルホルンが製作され、続いてフルダブルホルンも製作されました。基本的な構造は今日のホルンも変わりなく、現在さまざまなモデルが存在しますが、それらは基本的にはただバルブの配置が変えられただけに過ぎません。(左の写真はAストップバルブ付き) 初めて全てのバルブを一直線上に配置したマイスターはヘルベルト・フリッツ・クノップ氏で、フィンケ社のホルンもこのクノップモデルということになります。クノップモデルはその後、シカゴの楽器製作者カール・ガイヤー氏にも引き継がれ、ガイヤーモデル、またはガイヤー型と呼ばれることもあります。クノップモデルの特徴は、長い主管と長くゆるやかな巻きのリードパイプを持っていることです。フィンケ社ではこのクノップ・ガイヤーモデルを、モデル・ブレンダン、アメリクス、ヨーロッパと様々なバリエーションで製作しています。さらにオプションでご用意している各種ベルとも優れたコンビネーションを発揮します。

Brendan 360º Video Ansicht360º Video Ansicht des Finke Brendan Gold Messing mit Kranz.

QuickTime Format (2,4 MB)
(bessere Bildqualität)

Mpeg-4 Format
(2,9 MB)

ボアサイズ
クノップスタイルを採るこのモデルブレンダンは、11世紀にアメリカ大陸を発見したアイルランドの聖人にちなんで名付けられました。その響きは、フォルティシモにおいて他のクノップスタイルのホルンがしばしば陥るように音が割れることなく雄大に鳴り響き、それでいて、ぼやけた音色ではなく繊細なレスポンスを兼ね備えたホルンといえます。ラージボアを好む奏者も、そのダイナミズムとレスポンスの完璧なバランスを一度試していただく事をお勧めします。ブレンダンは様々なベルと優れたコンビネーションを示します。詳しくはオプションをご参照下さい。

クルスペタイプのボアは最も普及しているボアといえますが、また、数多いホルンの種類で言えば異色のホルンといえるかもしれません。その太いボアは豊かで包容力のある響きを可能としますが、その反面、奏者には体力が必要とされます。モデルアメリクスは正確さと共に奏者の求めるパワーとアグレッシブな演奏を提供し、太ベルのニッケルホルンにも引けをとりません。


. テクニカルデータ
重量
 
2,4 kg
ボア
 
12 mm
ベル径
 
310 mm

 
. ディテール

彫刻入りのニッケルシルバー製ロータリーキャップ。オプションのアルミニウム製キャップに交換すると更なる楽器の軽量化も可能です。

ボールジョイントのメカニックはロスのない円滑な操作を行う事ができます。

ご要望により、ベルクランツに装飾を施すことができます。


ライトウェイトボディー
最新の技術によって楽器の重量を軽減する事に成功し、それにより、音のレスポンスはより改善されました。

マウスパイプ

様々なマウスパイプを選択する事が可能で、奏者のお好みにあわせて音色や吹奏感を変更することができます。

オプション
ベルや材質などのオプション情報をご覧下さい。

付属品、アクセサリー
ケース、掃除用具など。

ホルン プライスリスト
フィンケホルン全モデルとオプション。納入に関する情報。






   

English Flag ENGLISH . Deutsche Flagge DEUTSCH . Bandera de España ESPAÑOL . Japanese Flag 日本語

INFO@FINKEHORNS.DE • DESIGN BY ECLIPTIC